若い頃、「広告の編集(販促)」という仕事に就いていました。

それは小さな店舗から大きな企業まで、常に「聴いて提案して」「結果を出す」仕事。

 

アイデアを出すことはとても好きだったのですが、

根本的に人と関わることが得意ではなく、

思えば真の意味で「聴き下手」だった私は、

挫折ばかりで、結果としてその業界から去ることに。

 

その後、自らの健康を損ねたことがきっかけで出会った「セラピスト」という職業。

それは、体と心を癒すということを入口にした

「クライアントさんの内側にあるものを聴き、整理をするお手伝い」でした。

 

聴く。聴く。聴く。

 

大切なことは、同じだな…。


そのことに気付き始めた頃、

「話聴いてもらって、前に進めるきっかけになった!」
「それいいね!いいアイデアをありがとう!!」

「話してると、自然と面白いアイデアが出てきたり、

自分の中にあるものが整理できるね!」

そう言っていただけることが多くなりました。

 

セラピストだから出来る「販促のお手伝い」。

それは私の新しい「お仕事ストーリー」の始まりでした。

あなたのストーリー、聴かせてください。


仕事力発見インタビュー


「そんなことが私の強みなの?」
「そんなことって当たり前のことじゃないの?」
「へ〜!ふつーだと思ってた!」
「ダメだなって思って、そういうところは出していませんでした」

え〜?もったいない!

セラピーの現場、
販促の現場では、

「自分のことは自分ではわからない」
「自分の強みってなんだろう?」
とおっしゃる方がほとんど。

そんな時、人に話を聴いてもらって「自分の内側を整理する」ことができたら違うと思いませんか?

なぜその仕事なのか
何を大事にしているのか はもちろん、
自分が意識していないところにこそ、「仕事力」は眠っています。

「仕事力」とは、自分の中にあるポテンシャル(潜在能力)を目一杯発揮して、よりご自身が望む結果に繋げていく力のこと。

それは、特別なスキルではなく、実は、自分を知るところから。
ワタシ、竹下育子は常にそう思っています。

『仕事力発見インタビュー』は、

私の「もったいない」という気持ちからスタートしました。

あなたの心の中にある仕事力を向上させるための「種」。
ワタシと一緒に一緒に発見しませんか?

自分軸発見セラピー


種はあるけど、それにどうやって水をやったらいいのかわからない。

そんな時は、
『自分が生まれた瞬間から決まっている本質を知るためのビッグデータ』を利用するのがいちばん!

その最たるものは
生年月日。
そこに付いている「色や数字」。
生まれ落ちた瞬間の星の位置。

そういったことも、実は重要な「自分を知るきっかけ」になります。

いわゆる『吉凶』的な
当たる当たらぬの占い、ではなく
スピリアチュアルに偏ったお話ではなく。

自分を知るための手段として、驚くほど深く、ユニークなツールなのです。

それを元に、自分がどうしたいのか、
どうするのが一番「自分の心の声を無視しないで済む」のか。

いい悪い、ではなく。

自分の心の内側にあるものを
常にフラットにキャッチする視線を持つこと、
本質を知ること、が
さらに自分軸を発見することに繋がります。